カテゴリ:心もよう( 26 )
いただくもの
f0040234_15242076.jpg


たった週に2日だけのパン屋ですが、パン屋をココで始めて、いただくモノ、ツナガリ、コトバ、ココロにありがたいばかり。
大好きな麦酒だったり、お花だったり、手づくりのお菓子だったり、ムスメへのお下がりだったり。
そして、多くの方々との繋がり。
私をハッと気付かせてくれる言葉だったり。
想って下さるあったかい心。
本当にたくさんのことを受け取らせていただいています。
パンを焼いて買っていただいていることは本当にきっかけなのかもしれないな...って。
みなさまに感謝しても感謝しても足りないなあ。
恩返ししなくちゃ。
[PR]
by su-mart | 2014-01-31 15:31 | 心もよう | Comments(0)
元気の素
f0040234_1645645.jpg


昨日の窓口販売もたくさんの方々にご利用いただきありがとうございました。
台風一過で真夏日の中、工房内は40℃近くに。
私もですが、いらっしゃる方々にはさぞ暑かったことと思います。
居心地悪かったことと思います。ごめんね。

このところ思い悩むことや悲しいこと、小さな失敗続きで...いろんなことがうまく出来ず...そうやって凹むと次々うまく行かない気がして来て...スッキリ心が晴れない日々でした。
気にしていると引き寄せるから努力してでも忘れろ!って言い聞かせても、うまく頭から離せない。
昨日は思い立って元気の素を買いにいきました。
って言っても近所です。
このハチミツをなめると幸せになります。
でもそれよりも養蜂を営むご夫婦に会えることが一番の薬。
パン屋を片付けて汗だくのまんまとにかく...。
おじちゃんとおばちゃんは「若い人が(本当は若くないけど)来てくれると元気になるよお」と言って下さいますが、実は私が元気をいただいているのですよ。
束の間のおしゃべりですっかり心のザラザラを拭ってもらったなあ。
私の特効薬のおじちゃんとおばちゃん。いつまでも続きますように...

春はハチミツの種類も多くて幸せ。サクラ、アカシア、ミカンと贅沢に3種!!

はちみつ、ハチミツ...字にしても可愛らしい。
私の癖字...ツとシの区別がつかず。ムスメにまで注意される始末です。
[PR]
by su-mart | 2012-06-21 16:21 | 心もよう | Comments(0)
ありがとうの...
f0040234_21534084.jpg


月曜日は忙しい。
週の初めだし、パンの仕込みだし...とにかくイロイロ。
毎週慌ただしく始まってしまうのですが、今朝はなんだか頭の奥の一点が鈍く痛む...。
さあ、どうしたもんか...と。
コーヒーをゆっくりじっくり味わいながら深呼吸。
そうしたら...
週末のイロイロがぐるんぐるんと押し寄せて来た。

友人の個展を観に行った金曜日。
の描く世界は素敵です。
きっと一日の最後に、今日の一日に感謝して締めくくるのだろうなあ。

友人の企画したコンサートに行った土曜日の夜。
彼女歌声の..,言葉の一つ一つが私の細胞の隅々にまで染み渡った。
温かなナミダ流れました。

我が家を訪ねて来てくれた友人家族と過ごした日曜日。
久しぶりに会う、話す彼等の軽やかな雰囲気。彼等のスタイルを大事に日々を重ねている事を眩しく想う。素敵な友人。

楽しい愉快な地元の人々が呼んでくれた楽しい時間。
年齢、性別関係なく、それぞれが本当に楽しんでいる姿を見て刺激を受ける。
素敵で、憧れる人々がたくさんいるな...ここには。

すっかり忘れていた母の日の日曜日。
ひょんなことから思い出し、2人の母に電話した夜。
お母さんありがとう。

そして、私も母ちゃんだった...。
ムスメがキレイに丁寧に食事の後片付けをしてくれた。
「おかあさんは凄いね。この他にもご飯作ったり、掃除したり、お弁当作ったり...パンも焼いたり。いつもありがとう」って。

いろんな事を思い出しながら味わいながら、ぼーーーっとしてたら、頭の一点の痛みは消え去っていました。
そして感謝の気持ちに満たされて、一日パンの仕込みを。
あーーー今日も幸せな一日だった。
ありがとう。
さ、寝よっと。
[PR]
by su-mart | 2012-05-14 22:02 | 心もよう | Comments(0)
弱音→復活!!
今週水曜のパン屋も無事閉店。
お越し下さったみなさんに感謝な一日でした。
水曜の夜は毎回充実感に満たされます。
毎週イベント出店をしているかのようです。
そうか!こうやって毎週過ごせばいいんだ...と開眼したような感じです。
でもやっぱり昨日の木曜日は屍の様で...これだけどうにかしたい、しなくてはと思っております。

天然酵母のパンを焼く...ってなると、朝は早いし、仕込みにも時間がしっかり必要で...
2日焼くとなると結局週の半分はパンに時間を使う訳で...
あーーーやんなっちゃう、これがなければ...なんて弱音を吐いたりする訳で...

でもこの前フッと思い出したり、スルッと心に染み込んできたことで、気持ちを立て直せました。初心に返れました。開眼しました!!

先週の土曜日に以前イベントでお世話になったお蕎麦屋さんに行きました。
本当に丁寧なお仕事で、一口一口にお人柄と佇まいが染み渡っています。
店主さん、奥様、お店のスタッフの可愛らしいお嬢さんたちの立ち居振る舞いにもそんな空気を感じるのです。
家族三人してお出汁の最後の一滴まで飲み干して帰る時に...
「スマートパンさんお帰りです〜」って。
こんなん呼ばれたのは初めてで...
そっか、私の一部分はパンで立っているんだって思いました。
そうしたら、パンを焼いていることが、いままでやって来た道が輝いて感じたのです。
環境の変化や気持ちの揺れがあっても、体力的にきつい時にも、パンが私を立たせてくれるんだって。そう思ったら何があっても大丈夫!怖くない!と自信と勇気でいっぱいになりました。大切なことに気がつかせてもらった出来事です。
ありがとう!!

f0040234_1104245.jpg

その後気になっていたパン屋へ。
我が家がここに来る前に7年程住んでいた地にできたパン屋さん。
偶然サイトを見付けて、時々覗いていたのです。
そうしたらお蕎麦屋さんとも繋がりがあるとのことが発覚し、偶然の流れに驚いたのでした。
このお店も素敵です。
パンを焼く店主の女性のキリッとしながらもおおらかさを感じる味がしました。
それこそパンを焼く立ち居振る舞いが素敵です。
毎週バッタバッタと走り回るわたくし...見習うべき一日でした。

最後にもう一件。
ここも素敵です。

住んでいた時にはこんな感じの雰囲気はなかったんだよね。
こういった感じの方々を見付けることはなかった。
気がつかなかったのかな?アンテナが鈍っていたのかな??

それより、驚きだったのが...
ムスメはこの地で生まれ小学校に上がるまでの濃密な時をここで過ごした訳ですが、ほとんど覚えていないことに驚愕!!
毎日遊んだあんなに好きだった公園も、団地の道も、商店街も...保育園までの道々、毎日保育園でお散歩に行っていた道々も...
「え〜?なんか見たことあるけど〜??あんまりおぼえてない〜???」ですと。
凄いねコドモって。今と未来で満たされているんだわ。過去はどんどん遠くになるんだね。振り返ったりしないものなんだわ。だからいつも前を向いているんだわ。
これもわたしには大きな気付き。開眼です。
これも見習わなければ...。
[PR]
by su-mart | 2012-02-17 11:15 | 心もよう | Comments(2)
動く
「何をしたいの...?」「これからどうするの...?」「何をしている人...?」
いろんな方々に声をかけてもらい、興味の赴くままにあっちこっちに顔を出し、いろんなことをしている私にかけられる言葉。
決してイジワルで言っているのではなく、本当に色んな所で顔を見るけど、この人はいったい何をする人なんだろう...って、この言葉をかけられるのだと思う。
でも私はその度に悶々とグルグルと考え込んでしまう。
道が繋がる先が朧げながら見えてはいるが、そこにがむしゃらにでも持って行く力が出てこない。
じゃ、この思いは重みがないのかも...
今のまんまみんなに求められるまんまに、答えて行くのが私なのかも...
モンモン...グルグル...モンモン...グルグル...答えは見えてこない...
思い返せばここ一年くらいモンモングルグルが続いていました。

そして今日...突然予期せぬ時に友人から答えを見付けるきっかけをもらった気がします。
友人は数秘学なるもので私を見てくれました。
実はね私...血液型とか、占いとか全く気にした事がないのです。
信じている信じていないというのではなく、興味を持てなかったのです。
でもね、彼女の話しはどうしてだか、ストンと心に落ちました。

私という人はどんな人かというところ...納得。
私にとって昨年一年間は清算の年だったそうです。
そして今年は1の年。
新しい事が動き出す年なんだそうです。
「正直、素直な人なんだよ。運命に身を任せているからうごきだせないでいたんだよ」
こんな友人の言葉に救われました。
モンモングルグルの出口が見えて来た気がします。
きっとこの先は自信を持って動き出せる気がします。
未来を見つめてしっかりと動き出します。
ありがとう...。

f0040234_0523130.jpg
[PR]
by su-mart | 2011-02-22 00:54 | 心もよう | Comments(2)
再起動
f0040234_17475884.jpg

すっかりと、長らくおやすみしてしまいました。
随分と間が空いてしまったことに、スルッと始める勇気も気力もなかなか戻らなかったのです。
正直今回ばかりは、ブログ閉じてしまおうかと思っていました。
でもね、やっぱりこれで私はいままでたくさん助けられて来たんです。
一歩を踏み出す勇気を得ていたのです。
だから、今回も大きく深呼吸をして改めて踏み出す事に決心しました。

何事もなかったようには始められないので、少しだけ...
前回の更新のすぐ後に、大事な家族を失いました。
大好きで大切な父を天国に見送ったのです。大好きな...なんて今までは恥ずかしくて口にできませんでしたが、今では大きな声で言えます。
人並みに思春期には父に反発もしましたし、結婚し家を離れてからは父と一緒いる時間は少なかったと思います。
いつでも会える...それが永遠に続くものだと本当に思っていたのです。
ですから今でも、まだどこか信じられないような気持ちがあります。
まだどこかにいてくれる気がして姿を探してしまいます。

そして...もう一人、オットの祖母を先月見送りました。
祖母のお顔を見に行った時にオットには、手を合わせ、目を閉じると「良く来たね」と祖母がいつもの声で笑いかける姿がしっかりと感じられたそうです。
だから悲しいけれど、寂しくないと思ったのです。おばあちゃんはどこにいても見守ってくれているって。
わたしにもいつか、父の元気に笑う姿に会える日がくるのかな...。

父との別れから半年経って、少しづつ輪郭を帯びて来た思いがあります。
父の姿に会えなくなってから「この先は任せたよ」ってしっかりとバトンを受け取った思いがします。
父に会えなくなった今、答えてくれなくなった今のほうが、父と強く繋がった気がしています。
悲しいけれど、寂しいけれど...こんな思いに、支えられています。
おじいちゃんに良く似たムスメの口元を見ると、そんな思いを強く感じます。
天で見守ってくれている父や祖母に恥ずかしくないように、毎日思い切り過ごして行こうと思います。
また会う日まで...頑張るよ!!

これからまたのろのろと動き出します。どうぞみなさまよろしくです。
[PR]
by su-mart | 2010-06-21 17:51 | 心もよう | Comments(2)
つないだ手

ナツヤスミもおしまいですね。(始業日は9/1かと思いきや...8/31月曜日からでした。発覚!!)
子ども達は少し落ち込み気味でしょうか?楽しかったナツヤスミが終わるのですから仕方ないか...
世の中のお母ちゃん達は、そんな我が子をよそに、心無しかホッとしていたり...。
私もやれやれです。

今年の夏もムスメと共に楽しみました。
ほんとーにどっこも行かなかったんだけど...楽しみました。真っ黒けです。

新学期を前に色々と思い返し、思いを巡らせています。
ムスメは2歳の時から保育園っ子でしたから、ムスメが1年生のナツヤスミ前は動揺、不安、恐怖...でした。(親がね。どうやって過ごせばいいのか見当もつかなかったんだもの。)
ムスメの学校は親や先生、大人達の目でしっかりと見守っていく...という思いの強い学校です。
保育園のときも決して放任ではありませんでしたが、お任せしているところが多かったですね。
その時の日々が今のムスメや私たちを育ててくれたのですから、後悔したり、ムスメに申し訳なかったな...なんて思いは少しもないのですが、違う道を選んでいたらどうだったのだろうかと。
小ちゃな小ちゃなムスメの手をもっとしっかりと握っていたら...なんて。
環境、思いの違う所に来て3年目で思った訳です。

今じゃ手を繋ごうとしても、お友達の前では振り払われます。
手足もスラッと伸びてきて、なんだかお姉ちゃんぽくなってきたな...。
これからどんどん手が離れて行くんだろうな...。
もう少しの間だろうから、それまではしっかり握っていよう、繋いでいよう、と今、強く思う。
そんな思いで過ごした今年のナツヤスミ...ムスメにとっても少し違ったものになったんだろうか。

大っきくなったムスメの手のひらを見て思った事。
さっき、中学生のムスメさんをもつお母さんがムスメの手を見て「まだプックリして小ちゃな手だね〜」。それを聞いて思った事...でした。


f0040234_15584280.jpg


ムスメが小ちゃい頃は、手を繋ぐというより私の二本指をしっかりと握っていたな...
私もいつもかがみ気味で肩が凝ったな...
今じゃ、可愛い思い出だわ。
[PR]
by su-mart | 2009-08-29 17:11 | 心もよう | Comments(0)
お久しぶりとなっていました。
前のニッキが病気明けで終わっていたので、長々更新が途絶えていた事を心配して下さったりで...申し訳ありません。
なんて事はなかったんです。
健康で、普通で、娘の春休みもあって忙しく遊び暮らしていました。

その間についに、わたくしの歳も一桁目がカッチっと変わってしまいました。
1?2?3?4?5?内緒です。

前のニッキくらいからなんとなく冴えない気持ちを引きずっていたのです。
なんだか自分が価値のない人間に思えて、周りの人々の素晴らしさに...眩しくて目が開けられない感じで...落ち込んでいたものです。
もっともっと要領良く出来たら...って。

そんな中で救われた一言がありました。
私の要領の悪いのはもうずーーーーっと昔からで、それを周りがどうこう言ったって器用に出来ないのが私でした。だから「そんなのわかりきった事じゃん。でもきっと器用じゃないからこそ、要領が悪いからこそ見える事があるんだよ。他の人が器用にサラッと過ぎちゃう所に留まって考える訳だから。」って。
その時にはひがみ根性で充満していた私ですから「そんなのなんでもうまくできる人が言う事だよ。」って更にひねくれていました。
でも不思議と、この言葉以来前向きな私が心を占め始めたのです。
今にして思えば、小さな上手く行かない事が重なって、それもたまたま誕生日が近づく時で「歳にちっとも見合わない自分」に焦っていたんでしょうね。

馬鹿だね〜まだまだ小ちゃいね〜って、今は笑っちゃいます。
この先の10年がまたまた楽しみになっている私です。

f0040234_11461753.jpg
誕生日の日にはみんなにお祝いしてもらいました。
大っきなケーキにロウソクを立ててもらって、コドモのとき以来の「フッー」をやりました。
家の窓から見える桜も満開で、素晴らしい春のスタートです。感謝感謝。
もう3月から「あと何回寝たら、おかあさんの誕生日!」と自分の誕生日よりも楽しみにしていた娘。
会う人、来る人、話す人...誰彼構わず私の誕生日を宣伝していた娘のお陰?せい?で歳がバレバレなんだよね。
[PR]
by su-mart | 2008-04-17 12:20 | 心もよう | Comments(0)
寝込む
先週の三連休の初日に熱を出した娘。
そして、2日遅れで...連休の最終日に発熱した私。
もちろん、三連休の予定は全てキャンセル。それどころか、その後一週間まるまる無くなってしまった母娘です。
文字通り、本当に寝込んでしまいました。
まいったまいった。

ここで暮らすようになって、お医者さんに行かない、薬を飲まないって考え方を身近に感じる機会が多くありました。
そういう子育てをしている多くの人々と出会う機会が多くありました。
でも実際に娘が苦しそうにしている姿を前にすると、今、どうするべきなんだろうか...と悩むのです。
今までだったら、本当にすぐ病院行き...だったな〜って思います。

恵まれた事に近所にお医者さんの友達がいます。
娘の様子を診に来てもらいました。
「命に関わるような重大な時にはすぐに病院に連れて行かなくちゃいけないよ。でも、それ以外はよく様子を見て、見守っているので大丈夫」と。
そう言ってもらったら、安心しました。
それで、見守る覚悟もできました。
その、友人が置いて行ってくれた
今回どれだけ助けられた事か。

著者の小児科の先生の言葉が胸に響きます。
「子育てをしているお父さんお母さんが養って欲しいこと...たいていのことは大丈夫と思えるおおらかさと、めったにない緊急のケースを見分ける目、勘を研ぎすませてほしい」と。
「オタオタする前に、子どもの様子をじっくり観察してください」とも。
本当にそうだな〜って思います。
今回の事で、大きく学んだ気がしています。
大きく自信に繋がった気がします。

...それにしても今回は、娘の2日後を全て辿っていた私でしたので、娘の症状が手に取るように分かったのです。(後からだけどね)
こんなに辛かったんだね...寝込みながら涙が出ました。
[PR]
by su-mart | 2008-02-17 00:52 | 心もよう | Comments(5)
再スタート
随分ずいぶんと...更新をサボっていました。
今日から気持ちを入れ替えて、再スタートします。

3月半ばの娘の卒園辺りから、気持ちのゆとりもない程の慌ただしさ...そしてたくさんの変化について行く事だけでやっとでした。
娘を産んで暮らして来た6年と、その前の2年を加えた濃密な8年間を過ごした場所...愛着もあるし、家族のような仲間のいる土地を離れて一週間が経ちました。
やっと少しだけ落ち着いたのか、今週はじめから続く雨のせいか、急にフッと淋しく、心細くなっています。

ここへ来た事は、この先の私たち家族の幸せに繋がるスタートだと...確信はしていても、新しい事を始めるワクワクドキドキの背中合わせに、不安や心細さがくっ付いているのだと改めて実感しています。

夜は一段とその不安や淋しさが大きく大きく押し寄せて来て、息が詰まりそうになるのですが、朝になり、小学校の校門で見送る娘の後ろ姿を見ると、私も頑張らなくちゃ!!って思う訳です。
娘が小さな身体いっぱいで頑張っているのです。

明日は久しぶりに晴れるっていうし...さあ、頑張ろうっと!
[PR]
by su-mart | 2007-04-19 22:55 | 心もよう | Comments(4)