雹害りんご
f0040234_1613823.jpg

先週、宅配をお願いしている生協さんからのお便りに、信州のりんご農家さんが雹害に遭い困っています。雹で傷ついたりんごを買ってください・・・とありました。

そのりんごが配達されました。
確かに、可哀想なくらいデコボコ。

りんごと共に、りんご農園からのお便りも同封されていました。
家族の紹介とお手紙。
書いてくれているのは、中学三年生のお兄ちゃんです。

その文面からは、おじいちゃん、お父さん・・・家族みんなが大事に育てたりんごであることが、よく伝わってきます。
そして、中学三年生・・・この先の進むべき道の事を真剣に考えている様子が伝わってきました。

お父さんのお仕事ぶりを尊敬しているんだな、って思います。
でも自分たちではどうにもできない自然の力で、今までの積み重ねた努力が無になってしまうという、どうにもならない不安も感じているのだとも思います。

ここ数年の環境変化、破壊にによる天候の不安を一番身近に感じているのは、こういう方々なのかと思います。
そして、自然破壊を押し進めてしまったのは、便利さを追い求めた、私も含めて人間一人一人なんだ・・・と改めて考えさせられました。

こんなことを考えながら、夕食後にいつもより丁寧にむいて食べたりんご・・・お便りの最後にあった、「こんな変わった親が作ったりんごだけど、おいしいです!わがやのりんごを買ってくれて本当にありがとう!!」
その通り、本当に甘くておいしいりんごでした。

ごちそうさまでした!!
[PR]
# by su-mart | 2006-01-26 16:59 | 心もよう | Comments(0)
ないしょ・・・
玄関が勢いよく開いて「ただいま〜」元気な声と共に、娘が保育園から帰ってきました。
「おくちから、いいにおいするでしょ〜」
くんくん・・・本当だ!おいしそうな匂いがする・・・
「なんでもないよ、ほいくえんのおやつのにおいだもん」

牛乳買ってきて!と夫に頼んだ買い物袋から、焼き鳥の串発見!!
どうやら二人でお肉屋さんの前の屋台で焼き鳥をつまみ食いしてきたらしいです。

後の夫からの報告で・・・
「ねえ、ニコニコしてると、おかあさんにつまみぐいがわかっちゃうから、ふつうのおかおにしてよ、おとうさん」
そんなことを言っていたらしい娘の顔が、満面のニコニコ笑顔でした。



f0040234_1543468.jpg

[PR]
# by su-mart | 2006-01-26 15:44 | コドモニッキ | Comments(0)
* 雪 *
f0040234_11252734.jpg

この冬初めての雪です。
朝方から降り出したのか、カーテンを開けたら・・・もうすでに真っ白な世界が広がっていました。

ここに越してきてから、一冬の間に何度か積もった雪に出会えます。
子どもの頃ずっと住んでいたところは(今も父と母は暮らしています)海辺の暖かい所だったので、雪がつもる・・・ってことは本当に珍しく、それはそれは特別なことでした。

大人になってからというもの、「雪が降った〜」と大喜びして外に飛び出すこともできなかったんですよね。
それが、娘と共に喜びを押さえることなく飛び出していける・・・この喜び!!
雪かきスコップをソリがわりに、思う存分遊びました。
あ〜あ、幸せ・・・
[PR]
# by su-mart | 2006-01-21 11:25 | 日々のこと | Comments(0)
かまくら
「ほいくえんで、かまくらつくってるの」
雪も無いのにまさかね・・・しかし・・・
「おやまつくってね、じょうろでみずかけて・・・あなほって、こどもがたくさんはいれるんだから」
やけにリアルな説明。

朝、保育園の先生に聞いてみたら・・・なるほど。
山のてっぺんに穴掘って、みんなでお風呂みたいに入ってるんですって。
それも、もちろん砂場で。
確かに山作って、そこに穴掘って・・・あってはいるんだけどね。

この冬、本物を見せなくては・・・

f0040234_2343236.jpg

[PR]
# by su-mart | 2006-01-18 23:35 | コドモニッキ | Comments(0)
ねこに教わる・・・
「猫ってね、気持の良いところをよーく知っているんだよ。暑い夏には涼しいところ・・・今みたいに寒い冬には、お日様がたっぷり溜まっているところをちゃんと知っているんだから」って話したら、それからというもの猫と出会うたびに、そっと近寄って「ここが、あったかいね」なんて確認する娘。
こんな事じゃ、なかなか保育園に着きません・・・f0040234_2312764.jpg
[PR]
# by su-mart | 2006-01-16 22:37 | コドモニッキ | Comments(0)
どんど焼き
近くの小学校でどんど焼きがありました。
子どもの頃に妹や近所の友達と、ピンク、黄色、緑・・・と色とりどりのお餅がついた枝を持って出かけていったことを思い出します。
もうすっかり忘れてしまっていたけど、お正月飾りや書き初めを焼いてもらうのでした。

私たちの住んでいる多摩地区では、どんど焼きを畑で行ったそうです。
お正月にお迎えした神様を送ると共に、田畑の神様に感謝して豊作を願って行われた・・・と聞きました。

私が育った海辺の町では、きっと海の神様に大漁を願って行われていたのでしょうね。
冬の青黒い海と真っ赤な炎の色が鮮明に思い出されて、鼻の奥がツーンとします。
すっかり忘れていた感覚が急に呼び覚まされた感じ。
なんだかいい気持ちです。

f0040234_16484358.jpg
点火の合図と共に、あっという間に火が燃えあがりました。
顔が熱い・・・

f0040234_16494878.jpg
「繭玉」と呼ばれていたお餅。
食べると、今年一年健康でいられる・・・とのこと。
父母子の三人で仲良く分けて食べました。
よし!今年は病気知らずだ!!
[PR]
# by su-mart | 2006-01-15 22:42 | 日々のこと | Comments(0)
こなこね
粉をこねこね・・・クッキーを作りました。
私の妹に、お年玉プレゼントで可愛らしいエプロンとクッキー型をもらったんです。
それで・・・初こなこね。

f0040234_1656356.jpg
これってクッキーなの???
ドロだんごにそっくり!!

f0040234_16562316.jpg
「クッキー生地を冷蔵庫でねかせるんだって」この言葉に・・・
「クッキー起きるかな」と心配してます。

f0040234_16565231.jpg
無事、初クッキーは焼き上がりました。
素朴な味のできあがり!!
[PR]
# by su-mart | 2006-01-14 22:23 | コドモニッキ | Comments(0)
ウ○チおだんごヘアー
自分の子とはいえ、娘は私とは別の人格を持った人間なんですよね。
最近娘の興味を持つモノについていけない私です。

今日も保育園から戻った娘に「プッチおだんごヘアーにして」言われ
???????なんなんだ?????????
娘の言うことをもとに出来上がったのは・・・
どうみても「ウ○チおだんごヘアー」

私としてはネーミングと共に案外と気に入ったのですが、娘は不満の様子。
「もう、いい!」と言われてしまった。
f0040234_172418.jpg

[PR]
# by su-mart | 2006-01-13 23:03 | コドモニッキ | Comments(0)
草花の気持のわからない人
三連休に家族とおでかけ・・・
お花を咲かす名人のばあばに、ビオラを買ってもらった娘。
便乗して私はラベンダーを買ってもらいました。

威張れた事ではないんだけど・・・花の気持の分からない私。
手を目を・・・愛情をかけているつもりなのに、なぜか枯らせてしまうんですよねえ。
こんな私にもめげずに未だに一緒に暮らしてくれているのは、10数年前に結婚祝いとしていただいたサボテンのみ。

今回の新しい住人(草)には元気でいてほしい・・・と切なる思い。
「おかあさん、からさないでよ〜〜」と、こんな私にすっかり任せる気の娘。
「このまえみたいに、けっとばしてころばさないでよ」と念を押される始末です。
種から育てようと娘と植えたクローバーの鉢を見事にけっ飛ばして、結局芽も出なかったことを根に持っているようです。

私の二人の母のような、植物を咲かせる手を持つ人に憧れます。
f0040234_16585057.jpg

[PR]
# by su-mart | 2006-01-10 16:33 | 日々のこと | Comments(0)
はじまり
2006年・・・新しい事をはじめてみます。
日々の事をここにつづっていこう・・・と今は意気込んでいるんだけど。
のんびり、頑張ってみます。すこしだけ・・・

朝、布団から抜け出すと、我が家のサボの上に神々しく新しい光が舞い降りていました。
クリスマスの前、サボのこのあたりに娘が手紙を挟んでいました。
うちで一番空に近い場所。
サンタさんに一番近い場所。
まさにそこが神々しく輝いていました。
f0040234_16575523.jpg

[PR]
# by su-mart | 2006-01-06 17:04 | 日々のこと | Comments(0)